Category Archives: 寝具を変えれば腰痛は改善されるかも?!

6つ折マットレスを使用し腰痛に・・・そこからマットレスにこだわっています

私は社会人になって一人暮らしを始めました。
しまう際に邪魔にならないようにと6つ折りマットレス探してきました。
とてもコンパクトにしまえとてもちょうどいい硬さのものが見付かってよかったです。
ですが逆に3つ折りマットレスに出来て6つ折マットレスに出来ない事と言う点も見付かってしまいました。

第一にまず折り方が違うので3つ折のマットレスの上に置くと、まとまりがありません。
第二に半分に出来ない。交互に畳んでいくために半分にしてたたむ事が出来ません。
第三にだからと言ってソファマットレスの様に最後の部分を少し折って頭や背もたれに、なんていうのも折り方が逆のためできません。

とても収納上手で寝心地も最高!なので上記3点には目を瞑る事が出来ますが最後にこの商品だけなのかもしれませんが、点々と裏にすべり止めがついているのですが、それがちょっと曲者でした。
クッションフロアの部屋に直接おいて2、3日寝ただけで色移りしてしまい市松模様の白い部分がぶつぶつになってしまいました。
でもそれこそ注意事項に書いてあったため残念でしたが目を瞑る事しかできない結果になってしまいました。
それをずっと使用してきましたが腰痛になって来てしまいました。
初めはマットが原因なんて思いもしませんでしたが、同僚に腰痛の話をしたらマットレスが原因かもという話をされました。
確かに実家のベットで寝ていた時はそんな事はありませんでした。

これは一大事!!とそれから私は寝具にこだわる様になりました。
マットレスが自分の体と合っていないと、寝ても疲れが取れにくいです。
高反発のものを選ぶと、腰にも負担がかかりにくいですし、ぐっすりと寝ることができました。
今のマットレスに変えてからは、体もよく休まるようになって、寝具をこだわると睡眠の質も良くなるんだなぁと思いました。

私のマットレスは結構高価でしたが、それだけの価値があるマットレスだと思いました。
それほど良いマットレスだし、マットレス自体もとても丈夫です。
マットレスにこだわってから、睡眠も楽しみになりました。

しかし私は、非常に寝相が悪くて、朝起きたら頭と足が逆になっているなんてことが頻繁にあります。そんなときふとこんなことを思ったりします。
「枕ちゃんと使えてないしいらないかな・・・」
今使っている枕は低反発枕とかいうちょっといいやつなのですが、そろそろ限界も近く、買い替えを検討しております。
しかし現状正しく使えているのが寝てから1,2時間であると推測される枕にあまりお金をかけるのもどうかという思いで躊躇していました。

しかし、とある日に友人宅へ泊まった際に枕が人数分なかったため、枕無で寝ることに。
そこで私は気づきました。枕は必要であると。
結果的に朝起きたときには使っていないとしても、寝るとき、ベッドや布団で横になった瞬間に頭を乗せるものがないというのは非常に気持ち悪く、落ち着いて眠れないということが分かりました。
ごめんよ枕君。君は必要な存在だった。
というわけで買い替えの際にはけちらずにちゃんとした枕を買うことを胸に刻み込みました。

実際にお店に行ってみることをオススメします

マットレス選びはかなり重要だと思っています。
たとえ、夫婦や親子であっても自分に合っているものというのはきっと違うのではないでしょうか。
旅行でホテルに行っても堅いマットレスのベッドでは熟睡できないという方もいますし、布団じゃないと落ち着かないという方もいます。

そこで、一度たくさんのマットレスを扱っているお店に行って実際に寝てみて確かめることは選ぶうえでとても重要だと思います。
低反発や高反発のタイプ、硬さも様々ありますし、ウォーターベッドという選択もなくはありません。
お店では実際に靴を履いたまま横になれるようになっているので、実際に体験ができるというのが足を運ぶ最大のメリットです。
すぐに買おうというよりも、一度試しに行ってみようという軽い気持ちで臨んだ方が冷静に選ぶことができると思います。
お店の方もマンツーマンでつくところは少ないので、自由にゆっくりと考えながら試せるのもいい点です。
何度か行って試すとより失敗しないと思います。

ソファマットレス

友人が結婚し子供が生まれました!
友人が授乳の際そのまま寝れるようなマットレスということで購入してきたそうです。
とてもいい角度で授乳しながら休めるととても喜んで使用していました。
硬さはちょっと柔らか目。

そして通期のいい表面をしているので夏に使うのでも暑苦しくなく使用しているそうです。
色もピンクで可愛いととてもお気に入りだと言っていました。
たまに旦那さんもそれをお昼寝に使用するらしいのですが、その際によだれを垂らして寝てしまっていたようで、そこにはシミになったよだれと通期の良い感じの表面の記事のおかげで顔が恐ろしいほどぼこぼこになるというちょっと怖い現象も起きてしまうそうです(笑)

ただ、上記でも述べた様によだれでシミになるくらいシミができやすいです。
なので授乳時に口から洩れたミルクのシミはもっと濃くしみついています。
なのでカバーをと思ってもそんな風に都合よく折れてくれるカバーもなく、汚れやすいのが玉にキズですがわりかし硬く拭き取ればある程度はとれるのでまぁ、許容範囲内と言うところだと言っていました。

高級な寝具への憧れは日に日に強く

私は実家では親から譲り受けたレトロなダブルベッドを使用しています。
所有期間については10年位になりますね。
CM効果で私は寝具関係に興味を持つようになりました。
後は数年前からブームが来ていたというのもあります。

以前、2年前ほど、百貨店のエスカレーターに乗りながら店舗を眺めていた時に、寝具を始めとした睡眠に係るグッズを販売しているお店を見かけました。
その時に低反発枕、その他快適睡眠へ誘う為の枕、ベッド等、魅了されるものばかりでしたね。

その後、楽天等の大手ネットショッピングモールで寝具関係の商品を沢山見て今はそこそこの数が揃ってきました。

枕は海外のファベ社というものの大き目でふんわりしていて肩までその柔らかい枕が当たりすごく心地の良いもの、そして枕カバーはガーゼ仕様のものです。
そのガーゼ仕様の商品には完全に虜にされてしまいましたね。
綿素材ポリエステルに慣れていた私は斬新な麻の魅力をかなり知ることが出来ましたね。
そして布団カバーからベッドカバーに至るまで、カバーはもう全てを麻のガーゼカバーに変えたんです。

となるとまだ重要な所があるのですが、それはベッドのマット及びベッド自体の買い替えなんです。
私は旅行も好きで色々な宿泊施設に泊まってきたのでそこから色々と知ったのですが、高級寝具の一つにシモンズ製のべッドがあります。
これなんです。高級ホテルのHPや雑誌のアピールページには必ずと言っていいほどシモンズ製のベッドと記載してますからね。

割高ですが、庶民でも購入が出来ない額では決してありません。
あのベッドの心地良さを知るともう絶対に手に入れたくなります。
私は全力で貯蓄に励む事を決意しました。

スプリングマットレスのローテンション

ベッドのスプリングマットレスを長持ちさせる為の方法として、スプリングマットレスを表裏を返したり、向きを入れ替えたりといった車のタイヤのローテーションの様なことをすることをおススメします。

セミダブルやダブルといった大きなベッドのスプリングマットレスは、その分重量も重たくなるので作業するのは大変ですが、これをやるのとやらないのとでは、スプリングマットレスの寿命に大きな差が出ます。

寝ている方の寝相や位置によって、スプリングマットレスの同じような部分に毎日荷重が掛かります。
荷重を支える1個1個のスプリングコイルが少しづつ消耗してしまうので、それが続くとその部分がやや凹んだ状態となってしまうのです。
その状態を軽減し、より長く使えるようにローテーションをするもので、ホテルなど宿泊施設でも、シーズン毎に行っていることなのです。

ローテーションに正しい順番などありませんが、一例として、
①前後(頭と足の位置)を回転させる。
②裏返す
③再度前後を回転させる
④再度裏返す

これでローテーションが一周します。シーズン毎3ヶ月に1度のペースでスプリングマットレスをローテーションさせて、1年で1周させてあげれば、スプリングコイルの消耗を和らげてくれることになります。
ちょっと重くて大変ですが、旦那さんに手伝ってもらうなどして、実践されることを是非ご検討されてみては如何でしょうか。